会社をやめて在宅フリーランスへ転職

私はこれまで何度か転職してきました。建設現場での作業員や会社の事務職だけでなく、海外の企業でも働いてきました。どの仕事にも良さがあり、色々なことを勉強させてもらいました。海外の企業で仕事をしていた時は職場環境や生活環境は決して良くはありませんでしたが、海外なので経験全てが新鮮で楽しかったです。

 

海外で勤務した経験が理由で、世界中には様々な文化や生活習慣や考え方があるのだということを実感しました。それで一つの会社で一生涯を終えてしまうのは、とても残念な気がしました。できれば世界中を旅行しながら仕事もして、経済的に安定させる方法はないだろうかと考えていました。

 

最近ではインターネットが普及しており、自宅や空いた時間でも仕事ができる環境になってきました。実際、インターネットで仕事ができれば、会社に出金しても自宅にいてもあまり変わらないことにも気づいていました。それで今の会社に疲れている方は、会社を辞めて自宅で在宅フリーランスに転職することも検討されてはいかがでしょうか。

 

もちろん最初から仕事や収入が安定しているわけではありませんから、もし在宅で仕事を始めようと考えて折られる方は、約1年は収入がなくても生活できるように計算されるようにお勧めします。私の場合は在宅フリーランスとして徐々に収入を得ることができるようになったという感じです。これからは定期的に引越しして観光しながら仕事をすることを夢見ています。



このページの先頭へ戻る