焦らずにじっくり転職活動をしましょう

転職するときってどうしてますか。在職中に有給を消化して面接に行っているという方と退職してから活動をする方の2パターンに分かれると思います。気持ち的には前者の退職する前の在職中に次の職場を決めておきたいという方が多いと思います。ただ、これだと退職日も迫って来るし引き継ぎもあったりでなかなか有給が使えなかったり急な面接に対応できなくてチャンスを逃してしまう場合があります。

 

おすすめは在職中はある程度自分の進む道を決めてリサーチをかける程度にすることです。転職は焦ってもロクなことがありません。焦っているあまり自分に合わない条件でもOkとしたり、転職先企業の事(経営状況など)をあまり把握していなくて結局入社後すぐにまた転職・・・なんてことにもなりかねませんのでじっくりが鉄則です。

 

どういう業種や職種への転職を希望するか決まったら、現在の求職情報などをインターネットなどを使ってリサーチしてみましょう。どうしても行きたいと思うものがあれば応募してみてもよいでしょう。うまくいって採用が決まった際は退職まで入社を待ってもらうようきちんと話し合い円満退職するようにしましょう。会社は退職したからそれで終わりではありません。今後仕事上でどんなお付き合いがあるかもしれませんし、上司同士が交流があることも多々あります。自分の評価を自分で貶めることは賢くありません。

 

求職者に比べて仕事が少ないので応募者も多いです。まずは書類選考に残ることが大切なので、履歴書・職務経歴書は誤字脱字のないように、また手書きであれば下手な字でも丁寧に書く事が大切です。面接までいければあとは自分をしっかりアピールしてください。

 

よい転職先に巡り会えますように。

 

関連
女性が外資系に転職
外資系に転職をする女性への転職方法



このページの先頭へ戻る