転職前に知っておきたい離職率ランキング

「今の仕事が向いていない」
「やりたい仕事がある」

 

などの理由から転職を検討されている方も多いかと思います。実際、近年は転職率が非常に高まりをみせており、じつに70%程度の人が生涯のうちに転職を経験すると言われています。
ただし、転職は必ずしも良い自身を良い方向へと導いてくれるとは限りません。転職者の声を聞くと「以前の職場にいたほうが良かった」「前より給与が下がってしまった」という意見も多く目にします。
こうしたことから、転職する際には事前に転職事情を詳しく知っておくことが重要です。なかでも離職率の高い業界へ転職することは高いリスクを伴うため、注意が必要です。そこで、以下では離職率の高い業界をランキングご紹介しますので、参考にしてみて欲しいと思います。

 

1.教育関係(学校教師や学習支援サービス業)
意外と思われるかもしれませんが、公務員である学校の先生は離職率が高いことが特徴です。また、予備校や学習塾などで児童・生徒の学習サポートを行っている方の離職率も高くなっています。
この背景にはどちらも資料作成や子どもたちの学習状況の把握などに時間がかかり、残業時間が非常に多くなってしまうことなどがあります。

 

2.飲食・ホテル関係
飲食・ホテル関係の仕事は、離職率の高い職業として良く耳にすることがあるかと思います。
これらの仕事は、年中無休で稼働している場合が多いため、シフトが不確定であり休日が取りづらいといったことが離職率の高さの理由に挙げられます。

 

3.医療・福祉関係
看護師や介護士などの医療・福祉関係も離職率の高さが問題となっている業界です。
背景としては、利用者の命を預かる責任の重さや夜勤や朝勤などが多く労働環境が悪いことなどが挙げられます。

 

【注目情報】
外資系へ女性が転職
女性が外資系に転職するときに必要なスキルとは



このページの先頭へ戻る