退職してから転職活動をすべきか

 転職活動で最初に悩むのが、今の仕事を続けながら転職活動をするのか、いったん退職してから転職活動をするのか、ということです。いまの仕事を続けながら転職活動をするのであれば、収入は保証されますが満足の行く転職活動をすることはできないかもしれません。

 

 一方で退職してから転職活動をするのであれば、十分な時間を転職活動に使えますが、失業保険以外の収入は絶たれてしまいます。悩ましい問題ではありますが、結論から言うならば退職はしないほうが良いです。

 

 採用担当者の視点から見ると、この厳しい世情のなかで次の仕事の目処も立たないまま転職してしまうのは無謀であると捉えてしまいがちです。前職での事情を知る術はないですが、何らかのトラブルがあったのか、衝動的に辞めてしまうような人間なのかという疑念も生まれます。

 

 面接では転職活動に注力するためだと理由を述べることになりますが、それにしても転職と仕事を両立できないと考えられてしまうと、自己管理能力が欠如した人間であると評価される場合があります。

 

 また、採用担当者への印象以外にもやはり収入が絶たれてしまうというのは大きなデメリットです。良い転職先に巡りあうのはある意味運次第といった部分もあります。

 

 良い転職先が見つからないときはじっと耐え忍ぶ期間も必要になります。そんなときに無職というのは精神的にも経済的にもかなり厳しく、やはり前職に留まって転職活動はすべきだ、ということになります。



このページの先頭へ戻る