好感が持てる話し方や仕草を研究してみましょう

好感が持てる話し方

 面接の際には、話し方などもチェックされているといえます。やはり、好感が持てる話し方をしたいものです。話し方次第で、前向きな人と判断されたり、その逆に投げやりな気持ちが現れてしまったりするものです。自分にとって少しでもプラスになるような話し方を心がけたいものです。

 

仕草というものも見られています

 たとえば、椅子に座るときや椅子から立つときなどの仕草というものも重要です。こういったことからガサツな人だと判断されたりしては損だともいえます。何気ない仕草というものも気をつけたいものです。

 

ふだんの言葉遣いも大切です

 ふだん言葉遣いが悪い人も、面接の際にはそれが現れるものです。こういうことは、日常的に気をつけたいものです。この言葉遣いによって、横柄だと思われたり、年相応の落ち着きが無いと思われたりするのです。面接の前に、ふだんの自分を振り返ってみるといいでしょう。

 

退室するまでは見られています

 そして、退室してドアを閉めるまで見られていると考えるべきです。退室するときのあいさつやドアの閉め方というものもけっこう気になるものなのです。退室するまでは気をぬかない方がいいのです。最後まで見られているという意識を持ちましょう。


このページの先頭へ戻る