調べて分かる事は聞かない

転職の際、最も重要視されるものはやはり「面接」です。面接さえ上手く切り抜けられれば、あなたの転職は成功したと言っても過言ではないでしょう。しかし、その面接の重要性を知るが余り、いざ本番となるとその緊張感はその時間には拭いきれないケースが多いようです。

 

基本的に面接というものは、面接官の質疑等に答えるという流れで進みます。面接官の質疑等に返答をし、補足で自分から進んで会話を進めて行く事もありますが、基本は面接官からの質疑等がメインとなります。

 

その内容は様々です。自己紹介や転職先を志望した動機、自分の長所や短所や仕事とは何か、将来どうして行きたいか、どういう待遇を望んでいるのか等、あらゆる事を聞かれます。しかし、それを完全に絞り込む事は実のところ困難だと言えます。

 

 

しかし、面接官が必ず面接の最後に聞く事があります。それは「何か質問はありますか?」です。これにおいては例外はほぼ無いと言って良いでしょう。唯一、「予めに聞かれる事が分かる」ものなのです。

 

 

これに関しては万全に臨むべきです。思いついた事をそのまま質問される方も多く居ますが、はたしてそれは「事前に調べても分からなかった事」なのでしょうか?採用側から言えば、転職者は当然自分の会社に強く興味を持っている、と思う事は大前提だと言えます。

 

 

参考
中高年の転職と再就職に必要な情報
中高年の方への転職・再就職の案内

 

 

あなたが質問した事は、もしかするとその企業のHPのトップページに書いてある程度の事かもしれません。要するに、その企業のHPすら閲覧していないと解釈されるかもしれません。その質問をして、面接官は一体何を思うでしょうか?


このページの先頭へ戻る